ウェイクで行く車中泊の旅

軽自動車ウェイクでの車中泊日記やアイテムを紹介していきます


20190216193855 20190216200034 20190216200031 20190216200028 20190302215540 20190302215537


サンシェード(全面窓貼り付けタイプ)

 広告 

車中泊では必須アイテムのサンシェード。

種類がたくさんありますが、今回は窓ガラスを全面覆い隠せて、値段もリーズナブルなこちらのサンシェードを選びました。

 

 ダイハツ WAKE ウェイク サンシェード ブラックメッシュ 10点set

 

値段は8千円ぐらいで購入できます。

 

値段は安いですが、5層構造になっており、断熱性もありそうで結露対策にも効果がありそうです。

 

内側は黒色のフリースになっており、室内からの見た目もおしゃれです。

 

f:id:pisukechin:20190217201210p:plain
f:id:pisukechin:20190217200802p:plain  

 

窓へは吸盤で取り付けます。

取り付けた感じです。

 

f:id:pisukechin:20190217200119j:plain

リア クオーターガラス



f:id:pisukechin:20190217200116j:plain

アサイドガラス

ウェイク標準装備のサンシェードも使ってます。

 

f:id:pisukechin:20190217200112j:plain

リアガラス

 

f:id:pisukechin:20190217200040j:plain

夜の様子

専用設計ということもあり、窓のサイズに合っていますが、少し大きいくらいです。

これはできる限り社外の光を入れないように、窓枠より少し大きく設計しているそうです。

 

実際に取り付けると周りのパネルとの兼ね合いで、浮き気味になる所もありますが、パネルの中に押し込めばばっちりでした。

 

しかしパネルの隙間に押し込めない場所は、多少の浮きにより、光が入ってきますが、自分としては気にならないレベルです。

気になる場合は、養生テープで塞げばOKです。

見た目は???になりますが。

 

ちなみに、完全には真っ暗にはならず、布の縫い目などから光が漏れますが、こちらも気にならないレベル。

早朝にまぶしくて目が覚めることはありません。

 

しばらく使用していて問題が発生しました。

この手の吸盤タイプでよくあることですが、リアガラスのシェードが1週間ぐらいで外れてしまいました。

 

原因はガラスに張られた熱線です。

どうしても吸盤が重なるため、隙間から空気が入り、真空が保てず、吸盤が外れてしまいます。

 

対策としては、「吸盤 補助板」を利用します。

100円ショップで手に入れることができます。

 

f:id:pisukechin:20190217200046j:plain

吸盤 補助板

 

ガラスに貼り付けて、シェードを再度取付。

今度は外れることがなくなりました。

 

昨年の夏から今年の冬の約半年間ですが、一度も外れたことがありません。

吸盤補助板の威力、恐るべき!

 

補助板をつけるとこのサンシェード専用の位置になりますので、サンシェードを変えたら、また貼り替えです。

簡単に剥がれるかは未知です。

 

f:id:pisukechin:20190217200043j:plain

補助板と吸盤

他の窓は熱線や他の突起物がないため、今のところ、問題なく吸着できています。

 

実際にサンシェードを取り付け、一晩過ごしましたが、落下することは少ないです。

結露が多少発生しますが、最初にしっかり吸盤を取り付けておけば、落下することはあまりないです。

気になる場合は養生テープで上側を仮固定しておけば安心でしょう。

 

このサンシェードですが収納袋も付いています。

袋が小さく、広げたシェードをたたんですべて戻す作業は結構大変でした。

自分の場合はフロントのみ外し、リアはそのままなため、収納にはそれほど苦労せずにはいます。

 

f:id:pisukechin:20190217203338p:plain

収納袋 (ウェイクの場合は1個)

 

サンシェードのおかげで車の中に自分の部屋がもう1つできました。

テーブルにパソコンを置き、これからもブログ更新していきます。

 

 

 


ダイハツ WAKE ウェイク サンシェード ブラックメッシュ 車中泊 仮眠 盗難防止 燃費向上 アウトドア キャンプ 紫外線 日除け エアコン 10点set