ウェイクで行く車中泊の旅

軽自動車ウェイクでの車中泊日記やアイテムを紹介していきます


車中泊 ドライブ グルメ ウェイク アイテム ブログライフ その他 全記事一覧

いとしの「チャーシューねぎまみれ」はいずこへ ~スシロー思い出の寿司ネタ

 広告 

全国に展開する、回転ずしチェーン「スシロー」。

豊富な寿司ネタの中で、ひっそりと消えたネタがあります。

 

愛してやまない、伝説の寿司ネタ!

「チャーシューねぎまみれ」

ネギ好きにはたまらない至極の一品です。

いったいどこへ行ってしまったのか。

 

 

f:id:pisukechin:20210619124346j:plain

 

どんな寿司ネタ?

食べやすく薄めに切ったチャーシューに、甘ダレとマヨネーズ、さらに大量のネギがのった、ボリュームたっぷりの寿司ネタです。ほどよい醤油ダレの甘み、マヨネーズの酸味と、脂っぽさがなく食べやすいチャーシュー。そして、ネギのシャキシャキの歯ごたえがたまらない。魚ネタにも負けないぐらいの、絶品寿司ネタだと思っています。

 

数年前まではレギュラーメニューでしたが、忽然とその姿を消してしまった、まさに幻の伝説の寿司ネタです。

 

ネギの美味しさを存分に味わえる

豊富なスシローのメニュー中でも、ここまでたくさんのネギを使った寿司ネタはないかと思います。チャーシューにのりきらず溢れ落ち、さらに皿からもこぼれる勢いです。

 

ネタのボリューム感から、食べる時には細心の注意が必要です。シャリを横から箸で挟み込み、崩さないように慎重に持ち上げ、口の中へ投入。あってはならないネギ大崩壊を避けるべく、恥じらいは捨てて、とにかく歯科治療の時のように大きく口をあけて、一気に頬張るのがポイントです。

 

大量のネギが口の中に広がり、シャキシャキ感とほんのりした苦みが具材やタレとマッチして、ネギの美味しさが存分に味わえます。

ネギが大好きな自分にとって、チャーシューねぎまみれは、なくてはならないスシローの寿司ネタと思っています。それが突然、姿を消す。この衝撃は今でも忘れられません。

 

f:id:pisukechin:20210619212108p:plain
f:id:pisukechin:20210619212119p:plain
f:id:pisukechin:20210619222825p:plain

 

ネギを使った他のお寿司

ネギが大好きな自分は、今でもネギがトッピングされたお寿司を好んで注文しています。

レギュラーメニューの中で、定番はネギトロ軍艦ですね。期間限定で、たっぷりのネギトロにネギがのったお寿司もありました。ネギの風味やシャキシャキの食感のおかげで、ネギトロの脂っぽさが抑えられ食べやすくなる。あらためて、ネギの存在価値に気付かされます。

 

f:id:pisukechin:20210619124424j:plain

ネギトロ寿司

 

今や定番メニューとしてあるのが、漬けごま真鯛の寿司ネタ。

強くなりがちなゴマの風味をネギが上手く抑えることで、鯛の素材の旨味が、やさしいゴマの香りとともに、存分に味わえる一品です。けして目立ちませんが、いい仕事をしているネギに拍手です。

 

f:id:pisukechin:20210619124416j:plain

漬けごま真鯛

 

イカとネギの組み合わせは初めて食べたかもしれません。

期間限定のイカのお寿司で、名前は忘れてしまいました。香ばしいタレがかかり、その上にネギがのっています。濃いめの味にはネギが最適なのかもしれません。見た目よりさっぱりした味わいでした。

 

f:id:pisukechin:20210619124419j:plain

 

期待の新星現る!?

「もう、あのねぎまみれは味わえないのか…」

と諦めていたところ、これは!?と思わせる寿司ネタが登場します。

 

脂たっぷりのカルビ焼肉です。

あの、ねぎまみれを彷彿とさせる、ネギたっぷりの期待の新星です。

カルビの旨味がこれでもかと口に広がる美味しいお寿司です。最近は好んでよく食べていますが、アラフィフには辛い現実が。脂が多くて、たくさん食べられない。ネギも脂のせいでしんなり気味です。

 

ネギが多く嬉しい寿司ネタですが、ねぎまみれの圧倒的ネギ量には遠く及びません。

期間限定の寿司ネタということもあり、そのうち姿を消す可能性もあります。

 

f:id:pisukechin:20210619124432j:plain

カルビ焼肉にぎり

 

なぜ消えてしまったのか?

スシローのHPにも理由がなく、あくまでネット情報です。

ねぎまみれのチャーシュー、実は同じ時期に販売されていたラーメンのチャーシューと同じだったようです。メニュー入れ替わりでそのラーメンがなくなり、同じタイミングで、ねぎまみれも終了となったようです。

 

寿司ネタと同じく、次から次へと美味しいラーメンが出てますよね。思い出すと、当時のラーメンに使われていた記憶があります。

 

復活を望む!

やはり、あの大量のネギが味わえるのは、チャーシューねぎまみれしかないです。

スシローに行く度に、メニューに復活していないか、確認してしまう自分がいます。期間限定でもいい、また、あの寿司ネタを味わってみたいです。

 

復活した寿司ネタもある!

ねぎまみれと同じく、突然姿を消した寿司ネタも多くあります。

その中で自分が大好きで、必ず食べていたのが、こういかです。

コリコリとしたイカの食感と、しその独特の風味が絶品の寿司ネタです。注文タッチパネルから消えたときは、3周ぐらいメニューを巡回して、諦めきれずに店員に聞いたほどです。ないと知った瞬間、心の中で叫びました。「こういか、お前もか!!!」

 

f:id:pisukechin:20210619124349j:plain

こういか

久しくメニューから消えてしまったこういか。なんと、現在は見事に復活しています。

「スシローさんありがとう!」

 

さいごに

愛してやまないスシローの伝説ネタ「チャーシューねぎまみれ」について、その想いを綴ってみました。

 

ネギ本来のうまさをこれでもか!と味わえるのは、ねぎまみれしかないです。

ネギがトッピングされた寿司ネタを味わうたびに、美味しいながらも、ねぎまみれが頭から離れず、求めてしまう自分がいます。

 

タレとマヨネーズ、そしてチャーシューの味わい。

ネギ好きには中毒的な、こぼれんばかりの大量のネギ!そしてネギ!ネギーー!

 

復活してくれないかなぁ。

またいつか逢えることを信じて、スシロー通いは続きます。

 

f:id:pisukechin:20210619124440j:plain

夢にまで出てきます・・・