ウェイクで行く車中泊の旅

軽自動車ウェイクでの車中泊日記やアイテムを紹介していきます


車中泊 ドライブ キャンプ ウェイク アイテム ブログライフ その他 全記事一覧

ウェブアーカイブで懐かしいあの頃のウェブサイトがよみがえる ~Wayback Machine

 広告 

「以前にネットで見ていたウェブサイト(ページ)、今はなくなっちゃった(記事が更新された)けど、また見たいなぁ。」

 

と思ったことはないでしょうか。

役に立った情報や思い出記事など、今となっては見ることができないページも多くあるかと思います。

 

「また、見てみたい!」

そんな願いを叶えてくれる便利なサービスがあります。

 

 ウェブアーカイブ

  Wayback Machine

 

このサイトにいくと、なんと、過去のウェブサイトを閲覧することができ、まるでタイムマシーンに乗った気分にさせてくれます。

 

今回は、ウェブアーカイブ「WayBack Machine」を紹介したいと思います。

 

 

f:id:pisukechin:20200505084959p:plain

 

ウェブアーカイブとは?

ウェブ(インターネットの情報)+アーカイブ(記録・保存して残す)で、ネット上の情報を将来に活用できるように、記録・保存することを言います。

 

デジタル形式で保存された貴重なデータを、全世界の人々が将来にわたり利用できるようにするため、1996年にBrewster Kahle氏により非営利法人が設立されています。

 

そのウェブアーカイブが利用できるサービスが、「Wayback Machine」です。

 

何ができるの?

Wayback Machineでは、昔のページを当時のまま閲覧することが可能です。ページ上のリンクも有効で、保存されていればリンク先のページも閲覧できます。閲覧は無料で利用できます。

 

昔のページですが、ページが生まれてから現在まで何度か保存されており、その時々のページが閲覧できます。ページは常に収集され、蓄積されています。

 

保存データはウェブページのテキストはもちろん、写真、動画、音楽など、あらゆるものを記憶しています。(ページを自動で収集するボットが認識しないデータは保存されていません)

 

使用方法

実際にWayback Machineにアクセスし、何ができるのかを説明したいと思います。

 

サイトにアクセス

Wayback Machineにアクセスします。ページは英語になります。

 

▼Wayback Machine

https://archive.org/

 

 

検索したいアドレスを入力

ページが表示されたら、検索窓(enter URL or Keywords)にアドレスやキーワードを入力します。今回、例として本ブログのアドレスを入れてみます。

 

f:id:pisukechin:20200505085009j:plain

 

閲覧したいページを選択

検索すると、以下のような画面が表示されます。

年代軸とカレンダーでいつデータが保存されたか一覧表示されます。本ブログ(ウェイクで行く車中泊の旅:www.pisukechin.com)は、19年5月29日に1度だけ保存されています。カレンダーの日付をクリックして表示させます。

 

f:id:pisukechin:20200505092747p:plain

 

ページを確認

実際に表示されたページがこちらです。

ちょうど1年前のページが表示されました。

「そうそう!こんなタイトル画像のページだった!」と思わず懐かしくなる一瞬です。他の時期のページを確認する場合、メニューの日付を選択すれば表示されます。

 

f:id:pisukechin:20200505085201j:plain

 

ページ内のリンクも有効です。クリックすると、その先のページが表示されます。しかし、ボット君が認識していないと残念ながら保存されていません。以下の画面が表示されます。

 

f:id:pisukechin:20200505085212p:plain

 

懐かしい昔のサイトを閲覧

自分のブログは1回しか保存されておらず寂しかったので、昔によくお世話になり、現在は閉鎖したサイトを見てみることにしました。

もちろん、どのサイトも確認可能です。Wayback Machineにはなんと、4000億ほど(現時点で431 billion)のページが保存されているようです。凄い!

 

懐かしのページを検索してみると、1998年からページが保存されていました。カレンダーから好きな時代をクリックすると、その時のページが表示されます。

 

f:id:pisukechin:20200505085221p:plain

 

上のメニューの「Change」を選択すると、ページ(サイト)のざっくりした更新頻度が表示されます。おそらく、ボット君が見に行って保存した履歴かと思います。

ここからもページを見ることができます。

 

f:id:pisukechin:20200505085229p:plain

 

まとめ

ウェブのページを蓄積し閲覧できるサイト「Wayback Machine」を紹介しました。

 

今では見られなくなったサイトが閲覧できるため、忘れた貴重な情報や思い出を振り返るのに大変便利なサービスです。まるで、アルバムを見るかのように、昔を懐かしんでみるのも楽しいかと思います。

 

もう一度みたいあのページ ~

 探してみてはいかがでしょうか。