ウェイクで行く車中泊の旅

軽自動車ウェイクでの車中泊日記やアイテムを紹介していきます


車中泊 ドライブ キャンプ ウェイク アイテム ブログライフ その他 全記事一覧


知多半島で海鮮グルメに絶景スポット。のんびりシーサイド・ドライブ旅 <愛知県・美浜町、南知多町>

 広告 

愛知県の南西、伊勢湾と三河湾を望む位置に知多半島があります。海に面した風光明媚な観光スポットが沢山あり、季節を問わず多くの観光客が訪れています。有料道路が整備され、名古屋や伊勢湾岸道からもアクセスしやすい場所でもあります。

 

知多半島といえば、海水浴、サーフィンなど夏のイメージがありますが、年間を通じてエビや魚などのおいしい海鮮料理が楽しめるグルメスポットでもあります。

 

今回、知多半島の観光スポットを巡り、海鮮料理を堪能してきましたので紹介したいと思います。

 

 

f:id:pisukechin:20200201232328j:plain

 

今回の旅の行程

知多半島といえばエビ!ということで、「えびせんべいの里・美浜本店」を訪問。デートスポットにもなっている「野間灯台」から、知多半島先端の「羽豆岬」で三河・伊勢湾の絶景を満喫。昼食は「しぼりや」、晩御飯は「まるは食堂・南知多豊浜本店」で海鮮料理を堪能し、本日の旅は終了です。

 

 ※ブログでの紹介の都合により、実際に訪れた順番とは異なっています。

 

えびせんべいの里・美浜本店

南知多道路「美浜IC」を降りてすぐの場所に、「えびせんべいの里・美浜本店」があります。工場と隣接しており、色々なえびせんが買えるだけでなく、えびせん焼きの体験や工場見学もできます。

 

f:id:pisukechin:20200201231858j:plain

えびせんべいの里・美浜本店

 

施設情報

・営業時間:8:00~17:00

・定休日:不定

  ※1,9月に数日休みがあるようです。

・駐車場:普通300台程度/大型28台

・入館料:無料

・電話:0569-82-0248

・ホームページ:http://www.ebisato.co.jp/

 

えびせんべい三昧!

入り口を入ると工場でできたばかりのえびせんの直売所があります。色々な種類のえびせんが置いてあり、試食をすることもできます。普通のえびせんから、カレー味や黒糖とチョコレートを使ったせんべいまであります。期間限定や店舗専用の商品もあるので、お気に入りをみつけたら即買いをお勧めします。

 

f:id:pisukechin:20200201231909j:plain

直売所

 

お気に入りのえびせんは、「はません・えびうす焼」 、「えびみりん揚げ」、「ガーリックマヨネーズ」です。いずれも海老の風味が口いっぱいに広がり、香ばしいおせんべいです。ガーリックマヨネーズは、マヨラーにはたまらない味付けです。

 

休憩所でコーヒーサービスあり

直売所のすぐ隣に休憩所があり、お茶やコーヒーの無料サービスがあります。お店で買ったおせんべいを食べながら休憩することができます。持ち込みのお弁当などを食べるのはNGです。

 

f:id:pisukechin:20200201231917j:plain

無料のお茶、コーヒーコーナー

 

休憩所と同じ場所にえびせんを作る体験コーナーもあります。平日は実施しておらず、休日に体験することができます。大きなせんべいに絵を書いて、自分だけのオリジナル・えびせんを作ることができます。

 

f:id:pisukechin:20200201231927j:plain

えびせんべい作り・体験コーナー

 

工場見学

施設内には工場があり、製造ラインを見学することができます。えびをすりつぶして、成形焼き機でせんべいにして、検査、梱包するまでの工程を実際にみることができます。

製造工程の詳細は通路の中央にあるパネルで紹介されています。キャラクター「えび福丸」がやさしく教えてくれます。製造ラインの向かいには昔のえびせん作りで使用した道具も展示してあります。

 

f:id:pisukechin:20200201231936j:plain

えびせんべい 製造工程の見学

 

えびせんべいの里・美浜本店では、えびせんの販売だけでなく、えびせん作りの歴史や実際の製造工程を見学し、えびせんの事を学べる貴重な場所かと思います。知多半島に来たらぜひ訪れたい観光スポットのひとつです。

 

野間灯台

えびせんべいの里から西に海沿いまで行くと、「野間灯台」があります。海沿いの道路にポツンと建っており、天気の良い日は白い灯台が青空に映え、素晴らしい景色を楽しめます。夕日と灯台の組み合わせも最高です。

 

今日は空模様がどんよりで暗くなってしまいましたが、晴れているときの夕日と灯台のコラボは必見です。青空と綺麗な夕日を見れるときにまた来たいと思います。

 

近くに有料駐車場(300円)や100mほど先にまちの駅「食と健康の館」もあります。お土産や食事、トイレがあり、ここを利用しつつ灯台まで散策してもよいかと思います。

 

f:id:pisukechin:20200201232248j:plain

野間灯台

 

羽豆岬

知多半島の最南端が羽豆岬(はずみさき)です。羽豆岬には、「羽豆神社」と「羽豆展望台」があります。師崎港フェリー乗り場も近くにあり、駐車場も有料ですが完備です。料金は100円/時と安く、更に50分までなら無料です。駐車してから1時間経つと料金が発生します。鳥羽岬に近い立体駐車場がおすすめです。

 

f:id:pisukechin:20200201232157j:plain

 

駐車場を出ると海に向かって大きな鳥居と海が見えます。この鳥居をくぐり高台を登っていくと、「羽豆神社の本殿」があります。

 

f:id:pisukechin:20200201232206j:plain

f:id:pisukechin:20200201232214j:plain

幡豆神社・本殿

 

羽豆神社から少し歩くと、「羽豆展望台」があります。3階建てぐらいの高さで、階段を上まで登っていくと、伊勢湾、三河湾を一望することができます。天気の良い日は、三河湾に浮かぶ篠島、日間賀島、遠くに伊勢・鳥羽などを眺めることができます。

 

f:id:pisukechin:20200201232223j:plain

羽豆展望台

f:id:pisukechin:20200201232231j:plain

 

羽豆岬ですが、アイドルグループ「SKE48」のご当地ソングが有名で、ファンの聖地巡礼の地にもなっているようです。さきほどの駐車場の近くに、モニュメント・歌碑があります。

 

f:id:pisukechin:20200202182005j:plain

アイドルグループSKE48 羽豆岬の歌碑

 

しぼりや

野間灯台と羽豆岬のちょうど中間の場所に、旅館「しぼりや」があります。名物は海の幸がふんだんにのった「まかない丼」で、テレビでも紹介されたことがあります。30食限定のため、休日などは早くいかないと無くなってしまいます。

 

f:id:pisukechin:20200201232257j:plain
f:id:pisukechin:20200201232313j:plain
旅館「しぼりや」

 

お店情報

・営業時間:平日 10:30~15:00/ 17:00~21:00

     休日:10:30~21:00

・定休日:無休

・電話:0120-62-1170 (0569-62-1170)

・ホームページ:http://www.shiboriya.com/index.html

 

お得なランチとまかない丼

しぼりやの名物といえば、刺身がどんぶりからはみ出すぐらいボリュームのある「まかない丼(1,650円税込)」です。まぐろ、サーモン、いか、えび、いくら、あなご、たまごなど、たくさんの海鮮がのっています。酢飯の中にも何か?入っていて、味がしっかりしているので、酢飯に醤油をかける必要がありません。

 

注文してどんぶりが来ると、蓋からはみ出した刺身にびっくりします。

 

f:id:pisukechin:20200201232328j:plain

まかない丼 到着!

f:id:pisukechin:20200201232340j:plain

海の幸がたっぷりのった まかない丼(1,650円税込)

 

お昼(10:30~15:00)限定の「しぼりやランチ(1,300円税込)」もお得でおすすめです。刺身にエビフライ、茶碗蒸しなど、色々ついてこの値段はお得かと思います。エビフライとキスフライはふっくらサクサク、プリプリで最高に美味しかったです。

 

f:id:pisukechin:20200201232320j:plain

しぼりやランチ(1,300円税込)

 

入浴できるサービスあり

食事をすると、なんと、無料で旅館のお風呂が利用できます。風呂の目の前は伊勢湾が広がり、雄大な海を眺めての入浴は最高です。お風呂は小さいですが、お昼の時間帯は利用者が少なく、ほぼ貸し切り状態。独り占めでお風呂を楽しめます。

 

f:id:pisukechin:20200201232347j:plain

f:id:pisukechin:20200201232356j:plain

雄大な伊勢湾を眺めながらお風呂を楽しめる!

 

食事の値段もリーズナブルで、お風呂も利用できるため、かなりお得でおすすめです。

 

まるは食堂・南知多豊浜本店

南知多で昔から有名な食堂といえば、ここ、まるは食堂になります。創業者で今は亡きうめおばあちゃん(相川うめさん)でも有名になりました。今でもお店に行くと、入り口にうめおばあちゃんのオブジェがあたたかく迎えてくれます。

 

f:id:pisukechin:20200201231945j:plain

はるは食堂・南知多豊浜本店

 

お店情報

・営業時間:平日 11:00~21:00

     休日:10:30~21:00

・定休日:なし

・電話:0569-65-1315

・ホームページ:http://www.maruha-honkan.com/index.html

 

自慢のエビフライから海鮮料理の数々

まるは食堂といえば、エビフライ。一番安いコースを除いて、ほとんどのコースにエビフライが付いています。嫁さんはエビフライと渡り蟹が食べたい!ということで、2,500円コース。自分は刺身コース(エビフライ無し)2,000円を選びました。

 

刺身盛りコースは新鮮な刺身と煮魚が付いており、特に煮魚が身が柔らかく、味付けもちょうどよく大変美味しかったです。

 

f:id:pisukechin:20200201232003j:plain

刺身盛りコース(2,000円税別)

 

エビフライは身が詰まってプリプリで、臭みもなく、エビが少し苦手な自分でも美味しくいただけました。渡り蟹も身が甘く、海の香りをふんだんに味わうことが出来ました。焼き魚も塩加減がよく、脂がのりふっくらして箸が止まらず、写真を撮り忘れるところでした。。

 

f:id:pisukechin:20200201232013j:plain

2,500円(税別)コース

 

うめおばあちゃんとの思い出

今から15年前ぐらいですが、生前のうめおばあちゃんにお会いしたことがあります。当時はまるは食堂が本店しかなく、毎日混雑しており、夫婦で順番待ちしている時でした。気さくにお客さんと話しているおばあちゃんをみかけ、声をかけさせていただき、写真を撮ってもらいました。隣は若いころの嫁さんです。「来てくれてありがとう」と言ってくれたのが思い出です。

今でも本店の入り口で、おばあちゃんのオブジェがお客さんを迎えてくれています。

 

f:id:pisukechin:20200202214753j:plain

うめおばあちゃん

 

まとめ

知多半島の観光スポットである野間灯台、羽豆岬、海鮮料理が楽しめるしぼりや、まるは食堂、えびせんべいの里を紹介しました。

 

海に面した風光明媚な観光スポットが多く、新鮮な海鮮料理も楽しめる知多半島は、ドライブするだけでも楽しく、心身ともにリフレッシュできるかと思います。

 

今度の休日、ふらっと知多半島の旅に行ってみてはいかがでしょうか?