ウェイクで行く車中泊の旅

軽自動車ウェイクでの車中泊日記やアイテムを紹介していきます


車中泊 ドライブ キャンプ ウェイク アイテム ブログライフ その他 最新記事一覧


東武動物公園ウィンターイルミネーション 光の世界へ <埼玉県・宮代町>

 広告 

毎年冬の季節になると、街のあちらこちらでイルミネーションが点灯され、待ちゆく人の心を和ませてくれています。無数のLEDが広がる光景は、子供だけでなく大人でもワクワクします。

 

遊園地などでは「イルミネーション」イベントが開催され、多くのお客さんで賑わっています。そんなイルミネーションイベントで、今回は埼玉県にある東武動物公園のウィンターイルミネーションを紹介したいと思います。

 

 紹介している写真は数年にわたり、撮り貯めした写真を使用しています。

 

 

f:id:pisukechin:20191029180024j:plain

東武動物公園 ウィンターイルミネーション

 

東武動物公園について

東武動物公園は話題の「翔んで埼玉」の舞台である埼玉県の東の端にあります。1981年に開園し、今年で38年目になります。初代園長がカバに似ていることから、「カバ園長」と呼ばれ、園内の入り口の所にも2匹のカバのオブジェが置いてあります。

 

東武動物公園は「動物園」と「遊園地」のある複合施設で、以前のキャッチコピーは「ZOO&PLAYLAND」でしたが、現在は「ハイブリッド・レジャーランド」と呼ばれています。

 

動物園の売りは「ホワイトタイガー」で、珍しいその姿を見ようとお客さんが訪れています。遊園地は40年という歴史を感じる古めかしさはありますが、のんびり楽しむのには良いかもしれません。

プールも併設しており、夏はプールも楽しむことができます。

 

マスコットキャラクターは「トッピー」です。園内のいたるところで出会えます。

 

f:id:pisukechin:20191029180152j:plain
f:id:pisukechin:20191029180203j:plain
マスコットキャラクター「トッピー」

 

アクセス方法

最寄りの駅は東武スカイツリーライン「東武動物公園」です。西口を出てしばらく歩くと到着します。そういえば、路線名が変わったんですね。昔は伊勢崎線って言ってました。

 

園内への入り口は2箇所あり、東、西ゲートです。3000台駐車できる大型駐車場は西ゲート側にあり、終日1,000円になります。東ゲート側にも民間の駐車場があり、500円ぐらいで駐車できます。東ゲートからも近く、値段も安いので、こちらがおすすめです。

 

 

f:id:pisukechin:20191029180044j:plain

 

イベント情報・入場料

ウィンターイルミは夕方~夜に園内にある無数のLEDが点灯されます。ウィンターイルミだけを利用することもでき、お得に入場できます。

 

f:id:pisukechin:20191029180100j:plain

 

イベント情報

ウィンターイルミネーションは毎年、10月末から2月中まで開催されています。今年2019年は10月26日から2月11日です。

点灯時間は17時から20時ですが、クリスマスの12月24日、25日は21時までに延長されます。

 

f:id:pisukechin:20191029180139j:plain

 

入場料金

イルミネーション限定での入場になりますが、15時から販売、入場できる「イルミネーション料金」があります。

 大人:1,200円 / こども:500円 / シニア:1,000円

  ※大人:中学生以上、シニア:60歳以上(要証明書)

通常の料金より安く入場することができます。

 

更にお得な情報としては、「埼玉県民」、「大学生まで」の限定になりますが、11月14日の埼玉県民の日は入場料が無料になります。埼玉県民でよかったぁ~、と思う嬉しいサービスです。

 

f:id:pisukechin:20191029180219j:plain

 

防寒具の準備を念入りに!

季節が冬で夜ということもあり、園内はかなり冷え込みます。過剰なぐらい厚着をして、カイロなども携帯することをおすすめします。園内にはお土産屋さんや休憩スペースなど、暖を取るところもあります。風邪だけはひかないように、注意しましょう。

 

f:id:pisukechin:20191029180429j:plain

 

いざ、イルミネーションの世界へ!

東武動物公園のイルミネーションは数年にわたり訪れており、毎年、色々なイベントが計画され、飽きずに楽しんでいます。大型のスクリーンを使っての演出や、プロジェクションマッピングなど、お客さんを楽しませようという、関係者の意気込みが伝わってきます。

 

東ゲートから入ると、目の前には大きな池があります。LEDで電飾された池の周りの木々が水面に写り、その美しさに目を奪われます。園内をぐるっと回る電車も走っており、電車も電飾されています。

 

f:id:pisukechin:20191029180112j:plain

f:id:pisukechin:20191029180124j:plain

 

園内はあたり一面、LED電飾で埋め尽くされ、その中を歩いていると幻想的で、心が和みます。

 

f:id:pisukechin:20191029180231j:plain

f:id:pisukechin:20191029180400j:plain

 

観覧車とのコラボ

観覧車もライトアップされ、綺麗ですね。観覧車に乗ることができ、高い位置から園内のイルミネーションを楽しむことができます。多くのお客さんが順番待ちする人気のスポットです。

 

f:id:pisukechin:20191029180243j:plain

f:id:pisukechin:20191029180259j:plain
f:id:pisukechin:20191029180313j:plain

 

イベントを飾るキャラクターたち

LEDで電飾された広場のいたるところに、LEDで着飾ったキャラクターがたくさんいます。どれも可愛くて、みていてほのぼのします。

 

f:id:pisukechin:20191029180444j:plain

f:id:pisukechin:20191029180510j:plain
f:id:pisukechin:20191029180455j:plain

 

観覧車に向かって、なにやらアピールしているくまさんたち。

f:id:pisukechin:20191029180344j:plain

 

特別イベント

園内の広場ではイベントの特設ステージがあり、毎年、さまざまなイベントが計画され、開催されています。写真撮影した年は大型スクリーンが設置され、映像と音に連動し、一面のLEDが点滅する、迫力のある演出がありました。

 

f:id:pisukechin:20191029180556j:plain

f:id:pisukechin:20191029180613j:plain
f:id:pisukechin:20191029180624j:plain

f:id:pisukechin:20191029180636j:plain

 

前回は特設エリアにプロジェクションマッピングもやっていました。天井まで映し出された映像の迫力と美しさに見とれてしまいました。

 

f:id:pisukechin:20191029180650j:plain

 

アトラクションも楽しめる

イルミネーションの時期ですが、メリーゴーランドなどのアトラクションも楽しむことができます。ライトアップなどで、いい感じの雰囲気を演出しています。乗り物は別料金になり、フリーパスもあります。

 

f:id:pisukechin:20191029180524j:plain

 

夜の動物園

一部だけですが、夜の動物園も楽しむことができます。普段とはちがい、夜の動物の行動を観察することができます。東武動物公園の人気者「ホワイトタイガー」の寝ている姿を見ることができました。猛獣といえども、寝ている姿は可愛いですね。

 

f:id:pisukechin:20191029180705j:plain

f:id:pisukechin:20191029180719j:plain

 

まとめ

冬といえばイルミネーション。イルミネーションといえば、東武動物公園!ということで、東武動物公園の「ウィンターイルミネーション」を紹介しました。

 

ここ数年のあいだに何度か訪れており、園内に広がる無数のLED、イベントなど、その迫力のある美しさに完全にファンになってしまいました。

 

今回の記事で少しでも東武動物公園のイルミネーションイベントの良さが伝わり、行ってみたいと思っていただけるとうれしいです。

 

とにかく園内は寒いので、防寒対策は忘れずに、楽しい光の世界を満喫してください!

 

f:id:pisukechin:20191029180540j:plain