ウェイクで行く車中泊の旅

軽自動車ウェイクでの車中泊日記やアイテムを紹介していきます


車中泊 ドライブ キャンプ ウェイク アイテム ブログライフ その他 最新記事一覧


伊良湖から海を越え鳥羽へ<車中泊の旅>1日目(前編)

 広告 

今年も寒い冬が終わり暖かい季節がやってきました。夜の冷え込みも穏やかになってきましたので、車中泊の旅を始めることにしました。新元号が発表され平成最後の車中泊の旅になりそうです。

 

今回の車中泊は2泊3日です。愛知県 伊良湖から出発し、カーフェリーに乗船し三重県 鳥羽へ渡ります。鳥羽、志摩の観光地をいくつか回り、松阪の道の駅「飯高駅」で車中泊します。

 

2日目は紀伊半島を南下し、那智勝浦で車中泊します。3日目は串本 潮岬から白浜を巡る旅になります。

 

まずは1日目の前半の旅をお届けします。最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

春の訪れを感じる ~伊良湖

旅の始まりは伊良湖岬からです。渥美半島を海岸線沿いに走ると、あたり一面、菜の花畑が現れます。黄色の花々を眺めていると春の訪れを感じざるを得ません。ウェイクを菜の花畑の横に停め、写真を撮りました。天気にも恵まれ、3日間は雨の心配もないということで、より一層、楽しい車中泊の旅になりそうです。

 

菜の花畑を通り過ぎ、中部電力 発電所の方へ海岸線沿いに向かうと、途中に風力発電の風車があります。青い空に大きな風車はとても迫力があります。近くを通ったらぜひ寄りたい写真撮影スポットです。

 

f:id:pisukechin:20190410220632j:plain  f:id:pisukechin:20190410220647j:plain

 写真)左:菜の花畑  右:風車

 

 

カーフェリーに乗船 鳥羽に向け海を渡る

伊良湖岬近くの道の駅「伊良湖クリスタルポルト」に併設された「伊勢湾フェリー」乗船所からカーフェリーへ乗船します。1時間強間隔で航行しており、少し時間があったため、恋路ヶ浜へ立ち寄りました。

 

駐車場に車を停め砂浜、もしくは遊歩道を歩いていくと岬の先端に「伊良湖岬灯台」があり、観光スポットになっています。恋路ヶ浜にはデートスポットとしても有名です。駐車場の周辺には食事処があり、伊良湖名物の大アサリを楽しむことができます。

 

f:id:pisukechin:20190410225018j:plain

恋路ヶ浜 駐車場

 

道の駅に戻り、カーフェリーに乗船手続きを済ませ、時間になったら車ごとフェリーに乗船し海を渡り鳥羽へ向かいます。カーフェリーについての詳細記事は下記をご覧ください。

 

www.pisukechin.com

 

f:id:pisukechin:20190410225347j:plain f:id:pisukechin:20190410225519j:plain

  写真)左:伊勢湾フェリー  右:フェリー内に無事駐車完了

 

鳥羽まで約55分かかるため、乗船中は船内を散策したり、外に出て景色を楽しみました。潮風を感じながら、離れていく伊良湖岬 灯台、偶然出会う貨物船、青い空、海を見ているだけで日頃のストレスが解放されていく気分です。

 

f:id:pisukechin:20190410230238j:plain f:id:pisukechin:20190410230253j:plain

   写真)左:伊良湖岬 灯台  右:貨物船と遭遇

 

f:id:pisukechin:20190410230518j:plain

   写真)鳥羽に到着

 

二見興玉神社(夫婦岩)

鳥羽へ到着し最初の目的地「二見興玉神社 夫婦岩」へ向かいます。15分ほど走ると看板が出てきますが、駐車場が少なくすぐ埋まってしまうため、お土産屋さんの駐車場を利用してもよいかと思います(何か買い物をするとよいかと)。

 

平日の昼前でしたがすでに駐車場は満車でしたが、運よく1台出ていったため、すぐに停めることができました。本当にラッキーでした。

 

車を降り二見興玉神社へ向かいます。鳥居をくぐり海沿いを歩いていくと神社があります。手水舎の水の中に緑色のカエルの置物があり、「満願蛙」と呼ばれています。願い事をしながら水をかけると良いことがあるかもしれません。

 

f:id:pisukechin:20190410232049j:plain f:id:pisukechin:20190410232103j:plain

    写真)左:海沿いの参道  右:手水舎

 

手水舎で身を清め、興玉神社で旅の無事を祈りました。

 

f:id:pisukechin:20190410232340j:plain

二見興玉神社

 

神社から更に奥へ歩いていくと、夫婦岩が現れます。大きな岩と小さな岩が夫婦を表しています。2つの岩の間にも縄がかけられており、定期的にかけなおしているそうです。

 

f:id:pisukechin:20190410232713j:plain f:id:pisukechin:20190410232730j:plain

     写真)左:鳥居と夫婦岩  右:夫婦岩

 

 

昼食はエビフライで有名な「漣」へ

二見興玉神社、夫婦岩を参拝し、お昼を過ぎ13時ぐらいになりお腹も減ってきたため、エビフライで有名な「漣」さんへ向かうことにしました。

 

エビフライですがあまり好物ではなかったのですが、おいしくて有名ということで行ってみることにしました。お昼を過ぎていましたが、待っているお客さんがいて人気の高さがうかがえました。

 

今回注文したメニューは「海老フライ定食(税込2,484円)」です。

 

海老フライですが海老を広げた状態であげられており、食べやすいように初めから切って提供するサービスもあります。自分は切らずにそのままでお願いしました。定食のご飯とタルタルソースはお替り自由です。

 

食べてみた感想ですが、エビ独特の臭みがなく、プリプリしたエビの触感、サクッとあがった衣、濃厚なタルタルソースにより、エビが苦手な自分でも美味しくいただけました。エビフライが美味しいと感じたのは久しぶりかもしれません。

 

量ですが海老フライが大きく、かなり食べ応えがあります。ご飯をお替りしましたが、おなか一杯でなんとか食べきったという感じです。

 

海老の大きさ、ボリューム、味などを考えると、多少値段はかかりますが十分満足できるかと思います。お勧めです。ちなみに、「PayPay(キャッシュレス決済)」が使えました

 

f:id:pisukechin:20190410234816j:plain f:id:pisukechin:20190410234830j:plain

     写真)左:海老フライ定食  右:漣 鳥羽店

 

www.sazanami.co.jp

 

 

1日目 前編はここまで

午後からはパールロードを走り、英虞湾をみて、松阪へ向かい、車中泊場所の道の駅「飯高駅」へ向かいます。その様子も後編にてブログに書こうと思います。続く。。。