ウェイクで行く車中泊の旅

軽自動車ウェイクでの車中泊日記やアイテムを紹介していきます


20190216193855 20190216200034 20190216200031 20190216200028 20190302215540 20190302215537


カーフェリーで快適海の旅(伊勢湾フェリー)

 広告 

カーフェリーをご存知でしょうか。車ごと目的地まで連れて行ってくれる船のことです。3年前に初めて利用し、その快適さと非日常的な感覚にハマってしまいました

 

もし、カーフェリーに乗ってみたい!と思われた方は、本記事で利用方法を中心に紹介していますので、参考にしていただければと思います。(伊勢湾フェリー体験記になります)

 

f:id:pisukechin:20190405202613j:plain

カーフェリー(伊勢湾フェリー)

 

カーフェリーの魅力

自分の中でカーフェリーには3つの魅力を感じています。

カーフェリーの魅力

1.船に乗ることで非日常的な気分を味わえる

2.運転による疲労が少なくなり、目的地到着後も元気

3.運転による交通事故のリスクが低下

波しぶき、風、空の青さなどを感じたり、偶然通りかかる船の大きさに感動したり、島々の自然を眺めたりすることで、日々のストレスから解放され、心身ともにリフレッシュできます。

目的地まで運転せず到着するため、運転による疲労からも解放され、到着後もアクティブに行動できる点も魅力です。

 

どこで乗船できるの?

伊勢湾フェリーの場合、航路は「伊良湖・鳥羽」間になります。伊良湖からの場合は、道の駅「伊良湖クリスタルポルト」に併設するフェリーターミナルより乗船します。

 

f:id:pisukechin:20190405202626j:plain

道の駅「伊良湖クリスタルポルト」

 

 

道の駅の横に乗船前の駐車スペースがありそちらに車を停めます。入口に係員がいるため指示に従います。

 

f:id:pisukechin:20190405202835j:plain

乗船前の駐車スペース

 

駐車したら車検証を持って受付に向かいます。カーフェリーは車の長さにより料金が決まるため、車検証の提示が必要になります。受付で片道、もしくは往復を伝え、切符を購入したら乗船手続き完了です。

 

出発の時間までは道の駅のお土産屋さんで買い物、食事、写真撮影、休憩したりして待ちます。乗船前にトイレを済ます方がベターですが、船内にもトイレがありますのでご安心を。

 

ゆっくり時間を過ごしすぎて出発時間を忘れないように注意してください。出発の20分前までには必ず車に戻るようにしてください。

 

f:id:pisukechin:20190405202640j:plain

乗船に関する注意書き

 

f:id:pisukechin:20190405202850j:plain

乗船券購入窓口

 

f:id:pisukechin:20190405202902j:plain

乗船券(片道) お土産にペンをゲット

 

f:id:pisukechin:20190405202918j:plain

お土産屋さんなどで出発まで過ごす

 

出発20分前になると館内放送がかかりますので、慌てず車に戻ります。

 

いざ、乗船!

車に戻って待っていると係員が来て乗船券を確認されます。問題なければいざ乗船開始です。カーフェリーへ乗ったら、係員の誘導で所定の位置まで徐行で進んでください。船内の床は濡れて滑りやすいので、急の付く運転はNGです。

 

所定の場所に駐車したらパーキングブレーキをしっかり入れて、エンジンを切ったら車を降ります。近くに階段がありますので、そこから船内へ登っていきます。出航したら車の所に戻れませんので、忘れ物がないように注意してください(スマホやカメラ、財布など)

 

f:id:pisukechin:20190405202933j:plain

カーフェリーのゲートから乗船

 

f:id:pisukechin:20190405202953j:plain

係員に従い所定位置に駐車したらOK

 

到着まで船内でゆっくり過ごす

出航したらあとは船内で到着まで自由に過ごします。船内には小さいですが売店自販機などがあります。追加料金を払うと(330円)スペシャルラウンジに入ることもできます。

 

室内でのんびりしてもよいですが、折角なので外に出て潮風を感じながら景色を見ると気分がすっきりします。普段は見ることがない島々を眺めたり、運が良ければ貨物船に遭遇したり、楽しいことがたくさんありますので、外に出て過ごすこともお勧めします。

 

f:id:pisukechin:20190405203204j:plain

船内の座席

 

f:id:pisukechin:20190405203216j:plain

船内の売店

 

f:id:pisukechin:20190405203152j:plain

外に出て潮風を感じる

 

f:id:pisukechin:20190405203234j:plain

近くに見える島々

 

f:id:pisukechin:20190405203247j:plain

貨物船と遭遇!

 

無事、到着

1時間弱で目的地の鳥羽に到着です。館内放送がありますので、車に乗ってゲートが開くのを待ちます。係員の指示に従い、船を降ります。

 

f:id:pisukechin:20190405203301j:plain

ゲートが開くのを待つ

 

f:id:pisukechin:20190405203315j:plain

無事、目的地の鳥羽に到着

 

まとめ

カーフェリーの魅力と利用方法についてまとめてみました。如何だったでしょうか。「カーフェリーに乗ってみたい」と少しでも思っていただけたら嬉しいです。

 

最後に高速道路との比較を簡単ですが紹介したいと思います。

前提ですが、軽自動車、運転者のみ、燃費は17km/l、東名高速道路の三ケ日から出発とします。

 

金額

・カーフェリー:6,200円

  ※乗船代は5,660円(一人追加で1,550円)

・高速道路:6,173円(休日は4,833円)

  ※高速代は4,450円(休日は3,110円)

 

時間

・カーフェリー:2時間48分

  ※待ち時間なしの場合

       ※乗船時間は55分

       ※残りは三ケ日から伊良湖までの下道移動時間

・高速道路:2時間37分

 

同乗者が増えたりした場合やカーフェリー乗り場での待ち時間を考えると、トータル的には高速道路がお得かと思います。

しかし、非日常的な気分を味わう、目的地まで疲れが少なくすむ、という点ではカーフェリーの魅力も否めません。普段は高速道路を使用し、「今回はより非日常的な気分を味わう旅にしたい」と思ったらカーフェリーを利用してみるとよいかと思います。

 

www.isewanferry.co.jp